扁桃腺の腫れ


sponsored link

当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。








sponsored link




扁桃腺はウイルスと戦う為、その攻防が激しいものになると炎症を起こし、顕著な腫れを引き起こします。扁桃腺が腫れると、扁桃腺に触れるだけで痛みが伴うことになります。食べ物を食べるときは、当然飲み込むときに接触しますし、何も口に含まずとも唾液を飲み込むだけで痛む事も非常に多く、治るまでは厄介です。
ごく稀に、腫れがひどくなり肥大しすぎて、呼吸運動も困難になってしまうこともあるようですので、油断は禁物です。

扁桃腺が腫れると、腫れるだけでなく発熱も引き起こします。ひどいときは40度を超すこともあります。咽喉の部分に熱を持つと、自然と頭もボーっとしてきて何も手に付かない状態になりますので、仕事などは出来る状態ではないでしょう。すぐさま医療機関で診療を受けて、安静にしておくのがベストです。放っておくと、関節が痛んだり腎臓にも影響して他の病気を併発する恐れがあります。

本編とは話が少しズレますが、もともと発熱のメカニズムは、ウイルスが熱を持っていて体温を上げてしまうわけではなく、自分自身で必然的に起こしているのです。温度を上げることにより、ウイルスの活動や増殖を抑えたり、自身の免疫機関の活性化を促すと言った作用を見込めます。
実は熱があるときって、自分で勝手に温度を上げてたわけですね。


扁桃腺炎について
扁桃腺の腫れ・扁桃腺炎TOP

sponsored link


copyright©2009  扁桃腺の腫れ・扁桃腺炎  All Rights Reserved