扁桃肥大とアデノイド肥大


sponsored link

当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。








sponsored link




成人になるにつれて、扁桃腺の大きさは周りに比べて小さくなってきます。しかし稀に幼少の頃と同じような比重で成長してしまうケースがあり、通常と比べると大きい扁桃腺を持った人が居ます。幼少の頃に扁桃腺炎を数回患った人も、そういうケースがあります。

しかし、本来大きいだけでは何も問題とされることはなく、切除する必要も全くありません。手術が必要とされる場合は、扁桃腺が頻繁に腫れたり、それが原因で腎臓にも影響する疑いがある場合や、呼吸も困難な程大きく肥大する場合などです。

扁桃腺の他にもアデノイドというリンパ管があり、鼻の奥の咽喉と繋がる場所に位置しています。これが肥大すると、鼻が詰まり鼻呼吸が困難になります。こうなると口呼吸で補助することを余儀なくされ、扁桃腺炎やその他病気の原因にもなります。鼻が詰まると思考能力も低下すると言われています。

しかし扁桃腺と同じように、大きいだけで問題視される場所ではなく、大きくなることで他の場所に大きく影響する可能性を重視します。

アデノイドも扁桃腺と同じく成長につれ小さくなりますし、手術で切除することも可能な場所ではあります。


扁桃腺の治療
扁桃腺の腫れ・扁桃腺炎TOP

sponsored link


copyright©2009  扁桃腺の腫れ・扁桃腺炎  All Rights Reserved