扁桃腺の治療


sponsored link

当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。








sponsored link




扁桃腺の治療には、内服薬の投与と摘出手術とがあります。最近では特に摘出手術自体が減ってきつつあり、なるべくなら切り取らないで済むように治療していく方が望ましいと考えられてきています。それも症状によってではありますが、慢性扁桃腺炎などは今後の影響と術後の副作用や後遺症とを比べて判断します。

手術の副作用は、考えられるのが「術後の出血」です。10日間ほど出血の可能性が指摘されるようです。さらに「患部の痛み」です。人によっては激痛でしばらく水も飲めない程の状態が続きます。普通の食事を取るまでに、1ヶ月近くかかった人も中には居るようです。
後遺症としては「味覚障害」の可能性も示唆されます。

以上のように咽喉に関係することであれば、何かしらの障害が起こる可能性が少ないながらもあると言えます。
扁桃腺は基本的に体に無くても平気な場所であることは間違いないのですが、このような危険も含めた上で状況と照らし合わせ、医師との相談の上で判断しましょう。

治療費についてですが、参考までに私の経験談ではありますが、手術にかかった費用と7日間の入院費で10万円と少しかかりました。入院日数や手術の規模にもよりますが、大体10万円前後かかるようです。高額療養費で2〜3万円は戻ってきたとしても、7〜8万円は自己負担になりました。
現在でもまだすべてが保険に適用されているわけではないようです。加入されている保険内容にもよるところがあるので、保険会社と相談したりして一度確認された方が良いと思います。


扁桃腺の腫れ・扁桃腺炎TOP

sponsored link


copyright©2009  扁桃腺の腫れ・扁桃腺炎  All Rights Reserved