扁桃腺の役割


sponsored link

当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。








sponsored link




扁桃腺は大きく口を開けると確認することができ、咽喉の入り口の左右両側に位置しています。手で触ることも可能で、炎症や膿が溜まって治療をするときも、口を開けた状態でそのまま治療にあたることが出来ます。体の外側からも皮膚を通して触ることができ、顎(あご)と咽喉の間くらいに位置しています。炎症を起こすと、ここが腫れて熱くなります。その場合少し触っただけで痛くなることもあります。

扁桃腺はリンパ管で、主に病原体などの体内への侵入を防ぐ役割をしています。この扁桃腺、実は大きな役割を担っているのは幼少期の間が多く、大人になると徐々に衰退していきます。とはいっても完全に機能していないわけではないですが、役割としては体の免疫力がまだ低い成長過程の小さな時期にウイルスと戦うという非常に大事な役目を果たして、その後大人になるにつれ免疫の比重が他のリンパ節に偏っていくというわけです。要らないわけではないですが、無くても大丈夫な場所ですね。

大人になってから扁桃腺を切ったということは、よく聞きます。扁桃腺が口内の比率的に大きく肥大していて、呼吸を妨げたり他の病気を併発したりする場合に切り取る必要があるからですね。


扁桃腺の腫れ
扁桃腺の腫れ・扁桃腺炎TOP

sponsored link


copyright©2009  扁桃腺の腫れ・扁桃腺炎  All Rights Reserved